2014年10月アーカイブ

借りれた時の心境とその後。

私は結婚していてお小遣いが決まっていることから生活費が毎月厳しい生活を送っていました。
当然、そんな状況から借り入れを起こせば苦しくなることが分かっていたことから苦しい時は家族に協力してもらったり、親にちょっと借りたりとしながら日々生活をしていました。
そんなある日、会社の同僚が仕事中に返済しに付き合ってくれと言われ付き合った際にいろいろ事情を聞くと同僚は何社か掛け持ちしながらも生活していてその生活感を一緒に仕事しながら見ていても苦労してる感じもないことから段々と惹かれてしまいついに借り入れを起こしてしまいました。
その時の心境は駄目だと分かっていながらの事だったので複雑な心境ではじめはそれこそ借り入れを気にする使い方でしっかりと返済したりとしていました。
借り入れを起こしたのはレイクで仕事の合間に早く借り入れが出来ることと無人契約機で誰にもバレずに借り入れが出来ることがまた私の背中を押す形になったといっても良いと思います。
はじめはそんな心境から慎重になっていたのが人間って慣れるもので月日が経つにつれて大丈夫だろうって気持ちが高まり慎重な気持ちも無くなり借り入れが以前よりも増えたり、何かある事に頼ってしまっていた自分がいました。
当時はパチンコもしていたことから余計に出費が重なり一時期は本当にどうしようってほどの借り入れになりましたがその辺で一度目が覚め、慎重にも返済を繰り返し、パチンコしても勝ったのを全部返済にあてたりと奮闘しながら何とか誰にもバレずに返済出来ました。
この経験を元にカードを持っているとどこかで使ってしまうと思ったので自分の性格を考えて返済が終わってからカードは破棄しました。
今では生活費の中で楽しくもなんとか暮らしています。

カードローンを契約するのにパートだけの収入で審査に通るでしょうか?

子供の頃に学校で転んで、前歯を折ってしまったことがあるのですが、そのときは歯科クリニックで差し歯を入れてもらう治療を受けました。
大人になるまでずっとそのままだったのですが、年月を重ねるごとに差し歯が変色し、白い歯からは遠ざかっていくので、人前で口を開けるのが嫌でたまりませんでした。
それに差し歯では固いものをほとんど噛めないので、せんべいやアイスキャンディーなどはずっと避けてきたのですが、いい加減そんな生活も嫌になっていたので、思い切ってインプラント手術を受けることにしました。
しかし保険がきかない治療になるので、私の収入ではかなりきつかったため、プロミスから30万円ほどのお金を借りて、治療費にすることにしました。
プロミスはそれまでも利用していたのですが、3万円とか5万円ぐらいしか借りたことがなかったので、申し込むときはかなり緊張してしまいましたね。
審査に落とされたらどうしようとも思いましたが、別に何の問題もなく、いつもと同じように借りられたのでホッとしたことを覚えています。
そのお金のおかげで、歯科クリニックでインプラント治療を受けられましたし、差し歯とは比べものにならないほど綺麗で、とても丈夫な歯を手に入れることが出来ました。
返済は主に近所のコンビニATMから行っていますが、毎月給料日にきちんと返すようにしているので、これまで返済期日を過ぎたようなことはありません。
もう少しで返済も終わるので、また何かお金が必要なことがあったら利用したいですね。

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。